携帯でも読めるで
QRCODE
いらっしゃいませ!
オレ
ぴょん吉
ぴょん吉
なんか知らんけど、また和歌山に逃げてきた!
波乗りしてぇ〜
スロット打ちてぇ〜
酒飲ませろ〜
仕事は・・・・
な、おっちゃんです。
ラブレターはこちら?
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2018年05月27日

爆釣というか漁というか…

今年は黒潮の蛇行のせいで、なかなかカツオが射程圏内に入ってこんかったけど、
すさみ大洋丸の船長から、
カツオ近い!の連絡があり、ダン君と緊急出動!


港出てすぐのところでもカツオが湧くとのこと。
朝はケンケン漁の船が多いから、なかなかカツオが頭あげないらしいので、しばらくはジギングで暇つぶし。

潮の具合もいいのか、1流し目からポツリポツリとあたります。



メジロとアオハタ釣ったところで、
僚船よりキハダとカツオ付きの流れ物があるとの連絡。
船長 「近いから走るわ」だって。

船長の近いは、俺には近くない事が多いが、
やっぱり遠い。
気がつけば高知の室戸岬沖(°▽°)
しかも、肝心の流れ物が行方不明…

仕方ないので、もうひとつの流れ物情報があるとこへ大移動。
おそらく潮岬沖。

ここではすぐに流れ物発見。

ケンケンの船がぐるぐる回ってて、
なかなかカツオが浮いてこないんで、
ジギングでスタート。

一投目から、ガツンとヒット!
お目当のカツオちゃんでした。

お次は中々の重量感、10キロ位のキハダの子 ビンタちゃんでした。


ほぼ入れ食い状態で、カツオとビンタがあたります。

チラホラ頭上げてる魚も出たしたので、
ポッパーで誘い出ししたら、カツオが飛び付いてきます。

もう釣りというより、漁状態。
いくらでも釣れそうですが、帰りが大変なんで、
早々に終了。

で、港まで約2時間。
疲れた〜


  


Posted by ぴょん吉 at 23:27Comments(0)釣り